ループイフダンで失敗!?クソポジションをつかむリスク

ループイフダンなどの追尾型のリピート系FXは「クソポジション」をつかむリスクがあります。

クソポジションとは?

  • 意図しない高値に残った「買い」のポジション
  • 意図しない安値に残った「売り」のポジション
こうむいぬ
「意図しない」&「残った」がクソなんです

計画的なポジションはまったく問題ありません。

なぜ「ループイフダン」は意図しないポジションを持ってしまうことがあるのか?

それは「レンジ」が「追尾」するからです。

ループイフダンの「レンジ」

まずはループイフダンの「レンジ」を明確にしましょう。

レンジとは?
リピート注文が稼働する範囲。

範囲内の上下の動きが利益の源泉。

ループイフダンB(S)の「レンジ」はその時点の「最高値(最安値)ポジション」と「レンジ幅」で決まります。

  • Bのレンジ
    「最高値ポジション」から「レンジ幅」下方までの範囲
  • Sのレンジ
    「最安値ポジション」から「レンジ幅」上方までの範囲

最高値(最安値)ポジションとは?

  • Bの場合
    一番高い位置で約定したポジション
  • Sの場合
    一番低い位置で約定したポジション

レンジ幅とは?

レンジの幅(pips)

計算式
値幅 × (最大ポジション数 -1 ) pips
※ – 1しているのは植木算のため

レンジ計算の例

  • 売買システム: ループイフダンB100(AUDJPY)
  • 最大ポジション数: 31
  • 現時点の最高値ポジション: 85円

上記プランの現時点のレンジは85円~55円※になります。

※計算の詳細

レンジ幅=100×(31-1)=3000pips=30円(クロス円の場合100pips=1円)

85円(最高値ポジション)-30円(レンジ幅)=55円

ループイフダンB(S)のレンジは「最高値(最安値)ポジション」と「最大ポジション数」によって変化することが分かりますね。

レンジの「追尾」とは?

ループイフダンは止めない限り利益側にどんどんポジションを建てていく特性があります。

  • Bの場合
    高値更新に合わせて最高値ポジションが更新、レンジも上方に移動する
  • Sの場合
    安値更新に合わせて最安値ポジションが更新、レンジも下方に移動する
こうむいぬ
この「追尾」が時として厄介

「追尾」は一方通行。

「損切り」や「停止」をしないかぎり「レンジ」は利益方向にだけシフトしていくんです。

利益追求のためにレンジが「追尾」するのですが、同時にロスカットレートも「追尾」し、リスクが高くなることを意味します。

「ロスカットレート」も追尾する

まずはループイフダンの「ロスカットレート」を把握しましょう。

ロスカットレートとは?
資金が足りなくなり、強制決済となる通貨レート

ループイフダンのロスカットレートは目安資金表を使って大まかに計算できます。

目安資金表「想定する変動額」を使います。

おおまかなロスカットレート計算方法

  • Bの場合
    最高値ポジションから「想定する変動額」を引いたレート
  • Sの場合
    最安値ポジションから「想定する変動額」を足したレート

※目安資金表の「目安必要資金」で運用した場合

「追尾」の具体例

続いてロスカットレートが「追尾」することを具体例を使って見ていきます。

  • 売買システム
    ループイフダンB100(AUDJPY)
  • 最大ポジション数
    31
  • 運用資金
    601,400円(30円下落に耐えられる目安必要資金)
  • ロスカットレート
    最高値ポジションの約30円下のレート

※この例ではループイフダンの利益は無視

  • 運用開始
    85円で開始
    • 初期レンジは85~55円
    • 初期ロスカットレートも約55円
  • しばらく後
    95円に上昇
    • レンジも95~65円に上昇
    • ロスカットレートも約65円に上昇

    初めは55円まで耐えられるプランでしたが、レンジが追尾したことによってロスカットレートが約65円に上昇しました。

    注意
    この地点でロスカットレートが65円以上になるのを許容できない方は、売買システムを停止するか、資金を追加してロスカットレートを下げるべきです。
  • その後何もせず…
    105円まで上昇
    • レンジは105~75円
    • ロスカットレートは約75円に上昇
  • ○○ショックが起きる
    85円まで急降下
    • レンジは105~75円のまま
    • ロスカットレートも約75円

    追尾は一方通行なのでレートが下がってもレンジとロスカットレートはそのままです。

    105円~85円までのループイフダン注文は合わせてかなりの含み損。

    ロスカットレートが75円付近なので更なる下落に恐怖する。

まあ、実際はループイフダンの利益で運用資金も増えているはずなので、ロスカットレートは上記ほど上昇してないはずです。

しかしですね…

105円で持った買いのポジションなんかはクソ中のクソポジションです。

過去のチャートを見ても豪ドル円の100円以上の価格帯の滞在率はかなり少ない


レンジ滞在率計算機より

そして価格が平均に回帰した(平均的な価格帯に戻った)ときの含み損も半端ないからです。

このようなクソポジションを持たないよう、ループイフダンは対処が必要になります。

クソポジションを防ぐには

  • STEP.1
    「ロスカットレート」を決める
    ご自身の許容できるロスカットレートを決める
  • STEP.2
    「許容レート」を計算する
    • プラン(設定)とSTEP.1で決めたロスカットレートを元に「許容レート」(許容できる最高値or最安値ポジション)を計算する

    もしくは

    • レンジ滞在率計算機などを利用して、ご自身にとって「クソポジション」にギリギリならないレートを「許容レート」として設定する
  • STEP.3
    「許容レート」付近で対処する
    • レートが「許容レート」を超えそうになったら、売買システムを停止する

    もしくは

    • 利益追求したい場合は新たに資金を追加し、新たな「許容レート」を計算して運用する
      ※初めに決めたロスカットレートはなるべく守ること

詳細なロスカットレートは分からないの?

おおまかなロスカットレートは最高値(最安値)ポジションと目安資金表「想定する変動額」で分かります。

ですが、ループイフダンの利益で運用資金は少しずつ増えますし、その時々の詳細なロスカットレートって分かりにくいんですよね。

こうむいぬ
目安資金表では30円より大きな変動に耐える「目安必要資金」は分かりませんし

なのでループイフダン用の「ロスカットレート計算機」を作りました。

【ループイフダン】ロスカットレート計算機【無料】

まとめ

ループイフダンは選ぶだけで手軽に始められますが、「追尾」するという特性を理解していないと後で痛い目に合うかもしれません。

こうむいぬ
「クソポジション」を持たないよう、資金やポジションの管理をしっかりやってくださいね

ポジション管理が面倒な場合は「トラリピ」や「トライリピ」の方が良いと思います。

トライオートFXで「トラリピ」を作る方法 with ロスカットレート計算機

レンジが「固定」されているので「意図しないポジション」を取ったりしません。