【FX】スワップ運用で失敗しないために「ロスカットレート」を把握しよう

スワップ運用で失敗しないために、絶対に把握しておくべき情報があります。

「ロスカットレート」
もしくは
「マージンコールレート」
です。

初心者の方や、なんとなくスワップポイント狙いで取引している方で把握していない方は必見です。

ロスカットレート

ロスカットとは

すべてのポジションを自動的に強制決済すること

証拠金維持率○○%を割った地点で発動します。

概ね「50%」ぐらいに設定している証券会社が多いです。※証券会社によって違う

ロスカットがかかった場合

すべてのポジションが自動的に強制決済されます。

ロスカット自体悪いものではなく、僕たちの資金を守るために設けられている制度です。

ロスカットが間に合わなく、最悪資金がマイナスになる場合もあります。

ロスカット「レート」とは

ロスカットが発動される通貨レート

つまり証拠金維持率が○○%以下になる時の通貨レートです。

マージンコールレート

注意
マージンコールが無い証券会社もあります。

マージンコールが有る場合はロスカットレートよりマージンコールレートを優先してください。

マージンコールとは

追証。ロスカットの一歩手前。

「ポジション維持に必要な証拠金が不足しているから、追加の証拠金を振り込め」という警告です。

マージンコールは証拠金維持率が△△%以下になったら発動されます。

概ね「100%」という値が多いです。※証券会社によって違う

※マージンコールが無い会社もあるので今一度お使いの証券会社のHPを確認してください。

マージンコールがかかった場合

マージンコールがかかった場合、証券会社からの資金追加の催促メールが届くと思います。

何も対処せずにいた場合、たいていは勝手にポジションを決済させられます。(一部もしくは全部)

マージンコール「レート」とは

マージンコールがかかる通貨レート

つまり、証拠金維持率が△△%以下になる時の通貨レートです。

ロスカットやマージンコールを防ぐ方法

ロスカットやマージンコールを防ぐには

  • 資金を追加して、証拠金維持率を上げる
  • 一部のポジションを損切りして証拠金維持率を上げる

などの対処が必要です。

明らかなスワップ運用失敗

ロスカットやマージンコールがかかり、ポジションが強制的に決済させられた場合、明らかにスワップ運用は失敗です。

もちろん諦めて損切りを許容できるならまだ良いです。

ですが、そんな気も無く、その時に追加できる資金が無かったり、ロスカットやマージンコールに気づかなかったら悲惨ですね。

自分で許容しての損切りと、勝手に損切りではやはり大きく違います。

ロスカットやマージンコールでの「意図しない損切り」は絶対に防ぐべきです。

そのためにはロスカットレートやマージンコールレートを把握しておく必要があります。

証拠金維持率の表示はほとんどの証券会社にあると思います。

ですが、ロスカットやマージンコールがかかる通貨レートを表示している会社は見たことがありません。

証拠金維持率でもなんとなくはロスカットやマージンコールに近づいているのは分かりますが、具体的な通貨レートは自分で計算するしかないんです。

レートの計算方法

ロスカットレートやマージンコールレートの計算式を載せてもいいんですが、載せたところで毎回計算するのは面倒です。

僕だったらポジションを追加するたびに計算したくないです。

そこで「スワップ運用シミュレーター」の登場です。

「スワップ運用シミュレーター」なら現在のポジションや運用資金等を入力するだけで簡単にロスカットレートやマージンコールレートが分かります。


例: トルコリラ円で適当に試算

現在のポジションの管理はもちろん

  • 将来の日付の予想スワップポイント付与額
  • 特定の通貨レート時の含み損益

なども計算することもできます。

無料でダウンロードできます!

【FX】スワップ運用シミュレーター【無料】

スワップ運用初心者の方や、なんとな~くスワップポイント狙いの取引をしてる方はぜひ使ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。