リピート系FXの「コスト」と「パフォーマンス」

僕がリピート系FXのプラン(設定)を考える時に大事にしていることがあります。

それは、注文ごとの「コスト」と「パフォーマンス」です。

コストとは?

注文ごとの必要資金

注文価格によって必要資金(ロスカットレートまで耐えるために必要な資金)は違います。

当然ロスカットレートから離れている価格の注文ほど「コスト(必要資金)」が高くなります。

例として、豪ドル円のリピート系FXの中の2つの買い注文を比較をしてみます。

  • レンジ: 豪ドル円 70~90円
  • 売買方向: 買い
  • 取引数量: 1000通貨(1円下落で1000円の含み損)
  • ロスカットレート: 55円(史上最安値)
  • 比較対象の注文: 70円&90円
ロスカットレート55円
注文価格(買い)70円90円
ロスカットまでの距離15円35円
ロスカットレート付近の含み損15,000円35,000円
必要証拠金(仮)5,000円5,000円
コスト(含み損+必要証拠金)20,000円40,000円

※必要証拠金は仮の額

ロスカットレートは55円(史上最安値)として、70円と90円の買い注文の必要資金を比べます。

当然70円の買い注文の方が必要資金が少ないですよね。

70円から55円までは幅は15円、90円から55円までの幅は35円。

1円下落の含み損が1000円の場合、70円の買い注文は1万5千円、90円の買い注文は3万5千円の含み損になります。※他にも必要証拠金が必要

つまり、90円の買い注文は70円の買い注文より2万円コストが高いということ。

では90円の注文はダメな注文なのか?というと一概にそうではなく、次に解説する「パフォーマンス」によって変わってきます。

パフォーマンスとは?

注文ごとの利益、リピート回数

注文単体で得る利益。
リピートすればするほど利益になるので、注文ごとのリピート回数とも言えます。

となると良くリピートしている価格帯、つまり滞在率の高い価格帯に仕掛ける注文は「パフォーマンス」が高いことになります。

こうむいぬ
「コスト」が高くても「パフォーマンス」が良ければ仕掛けがいがありますね

滞在率の高い価格帯(レンジ)を「レンジ設計ツール」で見つけよう!

「コスパ」コスト対パフォーマンス

リピート系FXの効率面を考えると「コスパ」の良い注文を出すことが大事になってきます。

「パフォーマンス」の良い価格帯に「コスト」の少ない注文を出すべきです。

逆に「コスト」が高いわりに一回きりしかリピートしない注文などは「コスパの悪い注文」です。

利益率が悪くなるだけでなく、無駄にリスクもとっている、いわゆる「クソポジション」というやつですね。

こうむいぬ
クソポジションはなるべく避けましょう

まとめ

リピート系FXで無駄にリスクをとらず、効率良く稼ぐには「コスト」対「パフォーマンス」つまり「コスパ」を意識することが大事です。

「コスパ」の良いプラン(設定)を作る極意
  • 「パフォーマンス」の良い価格帯をレンジにする
  • 「コスト」が高い注文は控える

本当のところ「パフォーマンス」の良し悪しは後になってからでないとわかりません。

過去の情報を元にリピートする確率の高いであろうレンジに仕掛けるしかありません。

それにくらべて「コスト」は計算でわかりますし、管理ができます。

明らかに高い「コスト」の注文は避けることができるはずです。

こうむいぬ
その注文、本当にその「コスト」に見合ってますか?

実際「パフォーマンス」を上げるより「コスト」を削減することの方がはるかに簡単なんです。

そして、できる限りコストとリスクを削減したリピートFXが、僕がリアル運用している「トライリピ」です。

LINE@経由ですが、一番オススメの「トライリピ」のプランが無料でダウンロード可能です。

LINE@で無料ダウンロード 

ダウンロード方法

こうむいぬのLINE@に登録していただき、トライリピ とだけトークに送信してください。

ダウンロードリンクと具体的なダウンロード方法が書かれたトークをお送りします。※もちろん無料です

こうむいぬ
ご興味があればどうぞ